<< 物資配給 日常と非日常の混沌(カオス)の... >>

がれきも問題も山積みです!!

こちらに来てからなんだか忙しくしています。


テレビで現状を何もしらなさそうなキャスターが”復興の第一歩”とか
”着実に復興の道を・・”とか言っていますが、実際に現地に来て見ると
確かに、復興への動きはありますが、それは長い長い道のりの第一歩。



まだまだ問題は山積みです
!!!
b0228941_10383716.jpg



会う人、会う人皆口をそろえて住宅の問題、仕事の問題、そして地域の将来の事
を話します。 住宅の問題に関しては、ローンの状況また経済的体力、そして地
震保険への加入の有無によって人それぞれ状況は大きく変わります。
日弁連会長が被災者のローンを免除する”徳政令”を、金融相もケースバイケー
スでとちらほら報道されますが、具体的にはどうなるのか・・。

そして、仕事。この震災後に解雇、自宅待機になった人も多く一家の大黒柱であ
る私と同い年の男性の口からは”何でも良いから働き口を見つけたい”という言
葉を何度も聞きました。

若い世代の人たちは家のローンを払い始めたばかりの人も多く、住めなくなった
家のローンを払い続けながら新しい住居を建設していかないといけないのです。


そして、地域の復興・・。働き口がないのであれば職を求めて地元を離れざるを
得ない・・。若者が職を求めて町を出たら一体その後の町はどうなるのか??


今朝テレビに陸前高田の市長が出ていましたが、市長の苦悩を聞く限り多かれ少
なかれどこも同じような状況のようです。(仙台や名取などを除いては・・)



こちらに来る前に、全国紙を読み東京でニュース番組を見て来ましたが
こちらに来てから地元紙を読み、地方局のニュースを見ていますが、
あきらかに情報量が違うし、圧倒的な温度差に驚いています。


さて、赤十字社によせられてた義援金の一部がこのように使用されています。
***********************************

日本赤十字社等から提供される家電等について

 県や日本赤十字社等を通じて、現在、町で対応している家電6点セット等の提供は次のとおりです。

 1.提供対象世帯
  (1)町の応急仮設住宅に入居する世帯
  (2)県の借り上げ民間賃貸住宅に入居する世帯
※家電6点セットとは
  ①洗濯機、②冷蔵庫、③テレビ、④炊飯器、⑤電子レンジ、⑥電気ポット

***********************************


大変ありがたい話しです。

ですが、これは6点でワンセットで例えば自分はすでに電子レンジや電気ポット
は持っているのでいらないというような事はできず必ず6点ワンセットです。

様々な事情があるのでしょうが、これを聞いて初めに感じた事は希望者には
電化製品をいくつかの候補から選べるような柔軟性を持つ事は不可能なのだろう
か?という事でした。



b0228941_10415359.jpg




b0228941_10444993.jpg




一枚目の写真のようなガレキが至る所に黒々と山を築いています。

このガレキの処理をどうするのか、具体的かつ有効な策はまだ見つかっていません。



岩沼市では、このガレキの上から盛り土をして堤防として利用できないか?という案が出ているのだとか・・。 勿論安全性の問題など話し合われないといけません。



ちなみに石巻市に現在あるガレキの量は、概算ですが石巻市が通常100年かけて廃棄する量のガレキに匹敵します。



二枚目の人形の写真を見た妹が


”これ、誰かが(写真用に)置いた人形じゃなくて元々こうしてあったものなの??”


と聞きました。


これは、演出も何もなくこのままの状態で発見しました。


ガレキの中の何気ない生活の切れ端を見つけた瞬間、今起こっている事は映画でも何でもない。

画面が変わったらハッピーエンドなんてないんだ。


そう強く思った瞬間です。




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by melodynelson-2812 | 2011-05-16 11:10 | 東北復興へ向けて
<< 物資配給 日常と非日常の混沌(カオス)の... >>