<< 故郷とスペイン思わぬところで歴... ”名前を失う”という事。 >>

Indignados  怒れる人々

  久々にスペイン時事ネタです。



先月5月15日に続いて今日もMadridを初めいくつかの都市で



Indignados と呼ばれる若者を中心としたデモ行進がありました。




b0228941_4281758.jpg

       ( デモ参加を呼びかけるポスター。洒落てる♪ )



デモの参加者数が知りたくてスペインのテレビニュースを探しましたが


これに関するニュースが見つからなかったので、


フランスのテレビによるとデモ参加者数、 


主催者側発表だと 約5万人


警察発表だと    約3万人 だそうです。



すごい数です。


参加者層も若者だけでなく全ての年代の人が参加したようです。


このIndignados ( 怒れる人々) 


というのは、若者を中心とした現在のスペインの社会システムに怒れる人達なのです。


先月から一ヶ月に渡りMadrid の Puerta del sol 広場にテント住まいをしながら
                                 (広場を居座ってという人もいるが・・)


活動への理解を求めて来ました。



実は私はこの人達の映像を見るたびに彼らが


” Donde esta la democracia ? " 民主主義はどこにある?? "





”  domocracia real !"    ” 真の民主主義を!”



と書いてあるプラカードを持っているのを見て多少の疑問を感じていたのです。








スペインって民主主義の国じゃなかったっけ??






これがかつてのチュニジアのように独裁者が治めている国ならまだしも、


まがりなりにも ザパテロ首相は正当な選挙を経て首相になったはず・・・・。



実はこの"democracia" という言葉、 アンヘリートさん(旦那)もわりと頻繁に使う言葉だ。






私:    このパン他のよりおいしいけど高いんだよね。


アンヘリート: 安くても最悪まずいパンを食べるよりマシなんじゃない?


私: そうだけどさ、でも毎日買うにはやっぱり高いよ。パンの値段にしては真っ当じゃないよ。


アンヘリート: しょうがないよ、この国では質の良いものは不当な程のお金を出さないといけないんだ。
         真の民主主義って物が存在しないんだ。この国には。







というような会話をしたことがあるが・・・


たかがパンの値段に よもや democracia(民主主義)という言葉が出てくるとは。



大げさでないか??



私は元々理屈っぽいので、自分の頭の中で納得しないとどーにもその事象を受け入れることが

できない性質・・・。


それを自分の理解できる言葉で理解しないかぎりはなんだかモヤモヤ・・・。




今日、はたと思いついたのですが


彼らが批判しているのは




フランス語で言うところの 

Injustice sociale


日本語の   格差社会



彼らが求めているのは


フランス語で言うところの

Egalite des chances

日本語の機会均等



これをまとめて 民主化を求める運動 とここでは読んでいるらしい。




チュニジアの民主化運動とは民主化のレベルが違うんだ。



と今日、一人発見して納得した。



うーん、そう考えると確かにそうだ。



スペインの失業率20%超えはあまりに高すぎる。


そしてユーロ後の物価上昇に比べたら



給料  安すぎっっっ!!!



これはブログでも何度も書いてきたが、ふざけている。



そして、サラマンカ地区(高級ブティックが並ぶ地区)なんかに行ったら、Madrid の典型的な

pijo ( お金持ち) と pija( お金持ち) 達が成金趣味の洋服を着て、


失業率なんてどこ行く風で買い物をしている。


超格差社会 



今までスペイン人がサッカー観戦とフィエスタに明け暮れてこの問題に向き合わないのを


歯がゆい気持ちで見ていた。 



ついに行動に出たんだ!! 



よくよく考えたらフランス革命の始まりはパンを求める民衆の叫びだったはず。


そう考えたらパン一つに民主化の言葉を使うのも別におかしなことではない。


(かなり遅ればせながら・・) 


がんばれ Indignados


ちなみにこの運動、カタルーニャ州や他の州でも起きていますが


場所によって、求める事は微妙に違っているようです。




あっ、そうそうフランス革命といえば


このindignadosのデモ。


5月29日には 革命の象徴、


パリのバスティーユ広場にも集まったんですよ。


b0228941_534886.jpg


バスチーユのオペラ前

b0228941_5343722.jpg




フランコ独裁時代、スペインから亡命した民主運動化を支えたのもフランスの人達だった。


やっぱり近いんだな~。


フランスとスペイン。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村
[PR]
by melodynelson-2812 | 2011-06-20 05:40 | 時事
<< 故郷とスペイン思わぬところで歴... ”名前を失う”という事。 >>