<< 秋晴れの日はペンキ塗り ”原発事故への道程・安全神話の... >>

サンマでサンバ♪♪




  

 今年も例年通りに行われました





女川町 さんま収穫祭 




秋晴れの気持ちの良い日曜日の朝、



ウキウキしながら会場に向かう途中に遭遇。



b0228941_1938249.jpg





秋だな~・・





サンマ収穫祭目当てで無理して女川に来たものの・・




写真洗浄の作業がある為にサンマへの魅力に抗って作業を黙々と続けるも・・・。




やはり気になる。 



写真洗浄の発起人の方は栃木からわざわざ女川に来られて写真洗浄をされている・・。



栃木といえば海のない県。




やはりサンマの事は気になるらしく...



”収穫祭の手伝いをしている他のボランティア仲間の様子も気になるし・・”




と言い訳しつつ



  ”行こう!!!”と 


洗浄作業を一先ず置いて会場へとテクテク。




b0228941_19474969.jpg








おーーーーっとー!!! 




発見053.gif





b0228941_19505063.jpg



b0228941_19525325.jpg


け・・煙そう・・



早速列に並んでみる。



ウキウキ 071.gif



b0228941_19573762.jpg



風向きが変わった為煙直撃ーーーーっ。





目をショボショボさせながらも待つこと5分。


b0228941_201012.jpg






サンマ ゲット 049.gif



実はこの写真を撮る前に先走ってサンマの背から開いてしまい、


それからこっそり復元してから撮った写真の為、映像が汚くて失礼(汗)。





大根おろしとすだちで頂く。





ん・まーい053.gif





この後、サンマのすり身汁も頂いて満足。





例年のサンマ収穫祭よりはサンマの数も少ないですが



春ごろには 


”今年は女川のサンマ食べられるかな?”



”サンマ祭り(収穫祭の事)はダメだよね・・”



と誰もが気にしたこの女川の秋刀魚。




いわば、秋刀魚こそが 復興の一歩の象徴なのです。




勿論、今日の開催は漁業関係者の方がかなり無理をされてやっとこぎつけたような状態。











しかも今年はいろいろな方々の力も借りての開催。
(サンマを焼いている方もボランティアの方々です。)




女川町へのボランティアを通じて知り合った半年前は見ず知らずの




宮城県内の方はもとより、東京や名古屋や栃木やあちこちから来たボランティア友達。




そんんあ人たちと向かい合わせでサンマを堪能する人生の奇妙さを味わいつつ・・





近く福島の漁港は未だ水揚げができない状態。





福島の事を思うとやはり気持ちは沈んでしまう・・。




秋刀魚苦いかしょっぱいか。 





今年のサンマの味はなんだか複雑でした。

[PR]
by melodynelson-2812 | 2011-10-02 20:16 | 東北復興へ向けて
<< 秋晴れの日はペンキ塗り ”原発事故への道程・安全神話の... >>