<< 「瓦礫の中から言葉を」  辺見庸 映画 「Drive」 >>

献杯!!!




  先日、と言っても忙しくてブログを更新していなかった為に先週の事なのですが




仕事で東京に行っておりまして・・。




滞在自体はバタバタとしておりましたが、前々から楽しみにしていた




女川会に参加してきました。







女川出身で関東近辺に住んでいるツィッターユーザーが集まって新年会を行ったのです。




震災直後の情報不足の時にツィッターで情報交換を始めた所、意外に自分の家の近くに



同郷の人が住んでいる事に驚きつつも、




始めは安否確認、その後避難所情報やそして大変残念な事に行方不明の方を捜索する為の情報、




町の今の様子や、自分の悲しい気持ち、時々は思い出話し等々・・・・




そういったやり取りをしているうちに会ってみようという事になり去年の夏から



不定期で東京近郊で女川会と言う名の飲み会を開催してきたのです。





勿論私は遠方に住んでいる事と、あとは去年は実家に帰ったりして忙しかった事もあり参加できず





女川会のお知らせをツィッター上で見つけて参加してみたいもんだと思っていましたが、





今回丁度仕事での短い滞在に女川会が重なり (というか・・都合を聞いて頂き恐縮。。。)





わたくしめも初めての参加と相成りました。037.gif












楽しかったよ~。 






皆さんご多忙な中20名も集まり、しかもなんとなんと女川の復興といえばこの方!!!が





東京にたまたま出張で来られていたとかで・・、仕事の後に急遽参加して下さるという嬉しい



サプライズもあり。049.gif





生まれ年を聞いて驚くような若者から、うちの母と同い年の方まで幅広い年代のほぼ初対面もしく





は、20年ぶりの再会などという面々と向き合い(汗)。








始めは よそよそしく標準語で話し始めたものの・・・







ふとした拍子に”~だっちゃね~”






と一言出始めて、あとはお酒も入ると。。。







東京新橋のその一角は  もはや 女川町!!071.gif



それにしても皆良くしゃべるな~




よく東北の人は無口とか言いますが・・・・ それってただのイメージだと思う・・。









そうそう!!会社勤めの人が圧倒的多数の都会の人には驚くような話しだけれども





自営業や、商売人、漁民が多い女川ではかなりの人が  ”屋号 ”  



を持っていて、苗字や住所を言うよりも屋号を言った方が早いため、





各自の自己紹介の時はもれなく屋号がついてくる。






うちも曽祖父の代から使っている屋号があるので、それを使う。







他の人の屋号も聞けば、大体の見当がつく。





こうやって、先祖の命を繋いで行くんだな~・・・と





長旅の後のビールのせいで酔っ払っているのか。。。ちょっと感動してしまう。









自己紹介を聞くとほぼ9割りの方が実家を流失して、そしてご家族を亡くされた方もいる。







そして、全員が親戚や友人ご近所さん・・・誰かを亡くしている。






なので、女川会では ”乾杯”とは言わずに





 ”献杯 ”  と言うのだそう。






亡くなった方々に捧げる杯。







一緒にお酒を飲んで、一緒にバカ話しをして笑いましょう。




私達は忘れませんよ。という




献杯 







悲しい別れもたくさんあったけど、こうやって新たな出会いがあったり





また繋がった縁があったり・・・・。







そうそう、まだ5,6歳の頃の私が写っている写真を見せてくれた方がいました。



やんちゃそのもの、男の子みたいな自分の姿を見た後に




”小さい頃のイメージと変わらないね~。”と元ご近所さんに言われると



実はちょっと複雑だったりする私です。015.gif





b0228941_8443860.jpg

[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-01-21 08:45 | 東北復興へ向けて
<< 「瓦礫の中から言葉を」  辺見庸 映画 「Drive」 >>