<< 女川災害FM存続の危機?! フランス大統領選挙 その1 >>

原発アウトロー青春白書

 今月は何かと忙しかったのですが、この本はページ数も少ないし全篇が会話形式になっているので


あっという間に読み終わりました。





原発アウトロー青春白書(ナックルズ選書)




この本はジャーナリストの久田将義氏が福島原発の地元、相双地区(双葉・浪江・小高・大熊町


等の地区)出身で原発事故前も後も福島原発で作業員として働いている若者達にインタビューを


した内容をまとめた物です。




殆どが3人の若者の会話でなりたっているので、正直ちょっと状況が分からない部分もあったり


真意が曖昧な所もありましたが、私は非常に興味深く読みました。




私自身原発立地の町で育ちましたし、(本書の中でもちらりと女川の地名が出てきますが・・)


福島と宮城の沿岸部の原発立地の過疎の町の雰囲気、若者の様子というのは、


私には嫌という程リアルに思い描けます。



むしろその話し言葉を追っているうちに


町の潮臭い空気や、原発に向かうバスに乗り込む作業着姿の若者達の後ろ姿や


乱暴で悲しいけれどもでもどこかコミックな話し方なんかが浮かんできて




自分が地元で若者達の話しを聞いているかのような感覚に陥りました。




匿名性を守る為に彼らの顔写真は出ていませんが読み進めていくうちに


著書内の若者が 脳内で勝手に若年の親戚の男の子達の顔に変換されてしまって


彼らの過酷な作業環境を考えると、本当に辛い気持ちになり怒りがこみ上げてきます。




 ”うちらが実際作業してる内容で福島、無事になんの?原発が大丈夫になんの?
思わねえべ?
毎日ケーブル引っ張って。訳わかんない。元に戻らねえだろう。プラスにはなんねえべプラマイゼロだろ。今やっている仕事で。”


”一号機、久しぶりに見た時は鳥肌モン。想像していた以上だった。周りの状況が酷かったし。
建屋の周りの瓦礫とかが凄くて。
土手とかに穴があいているし。飛行機が来ても壊れないという東電の説明ウソだったんだなと思った。” 







東電の下請けの下請けのそのまた下請けの下請けの会社で働く彼らは新人の頃に

”特別教育”と呼ばれる被爆の危険性に関する<感覚をマヒさせる為の>研修を受けるのですが

東電の人達からはいつも

”ここの原発は飛行機が来ても壊れない”と説明されていたそうなのです。



3月11日に福島第一で作業をしていた彼らは、死ぬ思いをしながらそれぞれ原発に近い自宅に

帰り、そして続く12日の水素爆発の ”ボンッ”という音を聞き、地元を離れ

暫くは避難をするもののまた結局福島原発に帰ってきます。




 「うちらは原発で仕事してたじゃん。原発作業員が原発の仕事しねえでどうする。訳のわかんねい
奴がやって何年もかかるんだったらうちらが行って早くやったほうがいいぞって」

それ聞いて先輩は男だなって。素直に”うわっ”って思った。だから俺もそれに答える感じで
「うちらにもできることあるんですかね?」って答えた。
「でもぶっちゃけ怖いっす」とも言った。

それから俺にとって、絶対戻れないと思った地元だけど考えが変わったのが震災後、
初めてまともに自分の町を見た時だった。

その衝撃。

<中略>

「前みたいに暮らしたいね。地元やっぱり戻りたいね。自分ちがいいね。」ってそん時だ。
「本当にやっぱり地元に戻りたいな」って。「前みたいな生活したいな」って。きっかけといえば
それかな・
  




 ”原発で金もらって地元で暮らして、原発のせいで地元ダメになって。原発怖いわ。地元戻れない。
地元もういいや。そうじゃねえだろう。一でも二でも何かなるってそう思うしかないって
そう思わなきゃやってられないんだって。前みたいに皆戻ってきてくれて住めればベストじゃん。”

”やっぱり戻りたいじゃん。でも元通りってまずないべな。何十年後になるかも知れないけど
子供が出来てたら戻らない。俺も。その時、その時で。
立ち入り禁止エリアで絶対に通れないって言ったらまだ諦めつくかもしれないけど。
一時帰宅とかなしで。 そしたらもう本当にだめなんだなって。” 




この著者はいたずらに彼らを英雄化しようという意図はないと思います。


この著者は”はじめに”で原発関連の報道の一過性を批判し、


政府に東電に一石を投じたかった。と書いている。



彼らをいたずらに英雄化して(”フクシマ50”などのように。)物語として消費して


そして全てをあっという間に忘れ去る。



なんてことは最もこの著者が嫌う状況だと思います。




正直、私の中では親戚のまだ若い男の子達として脳内変換されている彼らのこれらの


言葉を聞いて、私は偉いなとか感謝とかの感情よりもまず、



原発というシステムそのもの、そしてこの事故のむごさが悲しいし、



政府、東電の対応の”他人事さ加減”に心底腹がたちます。



同時に原発立地の町は東電マネーで潤ってきたのでこのような状況になっても



やむ終えないというような


”自業自得”論が全く的外れである事も分かります。








インタビュー中彼らはこんな絶望的な事も言っている



 「今は何で働いているか・・心意気じゃないすか。”でもやってる”そういう気持ちで始めはやっていたわけじゃないですか。でもやっているうちにわかってくるんですよね。
これ意味ないなって。今の仕事意味ないなって。これやっても別に変わらないなって。

情報も入ってこないし、一つの現場の情報しか入ってこないすよ。それ考えると故郷に戻りたいからやっているっていうより食っていくためにやっているしという感じですし。
でもどっかで見切りつけなきゃってのはあるよね・・。」


「最近は俺らもう使い捨てって気持ちしかないですね
」 



なんて悲しい絶望的な言葉なんだろう???



事故から日にちがたってこういう絶望的な気持ちでいる人が現実にいるという事を忘れ始めていると


思う今日この頃。


この日本人の忘れやすさといったら。





 「今、日本の国土の一部が失われようとしてんじゃん。福島県の福島原発20キロ圏内。
俺達が育った街。
難しいことはわかんねえけど、これって国難って奴だべ?戦後始って以来の国難って言う人も
いるんでしょ?今まで住んでいた土地に誰もいなくなるかも知れねえ。
日本国民の生命と財産を守るのが国家なら、今こそ政治家はそういうの果たさなきゃならないんじゃねえの?

去年の10月以来、東京都内や横浜市内とか首都圏で放射性物質が検出されたでしょ。
それを連日ワイドショーが報道した。
じゃ全国の放射線量を調べるべきじゃねえの?それはそれで意味ある調査かもしんねぇけど、
でも忘れてないないかっていいたい。


最も考えなければならないのは福島の人たちの事じゃねえの?


宮城も含めたまずは被災地だべ。」
 






正直こんなニュースを見て心底ゲンナリしていたけど



「青森の雪、被爆不安でイベント中止 那覇」




全くその通りだと思う。




彼らの飾らないストレートな言葉こそ本当にストンとくる。




そうそう、最近話題のこの本。



   「原発危機と東大話法」  




買う気もないし読んでもいませんが、

レトリックだけは上手で、まったく現実感や当事者意識にかけるいわゆる”御用学者”や


”官僚”の話し方を指して ”東大話法”というのだそうですが・・・





いちいち頭に ”東大 ”とか付けるのがなんか・・・今更・・というのは今はおいて置いて、




東大話法とは対極をいく彼らの話法。 すごく伝わる物が多い。





名もない若者達に感謝の気持ちと、お姉さん的に体を心配する気持ちで一杯になります。


そして、彼らをとことんまで犠牲にしてなおも苦しめる


原発というシステム、


国のあり方、東京電力。



絶対に許すことはできません。


<追加>
著者の久田将義氏のツィッターアカウントを見たらこのようなつぶやきをされていました!

久田将義@masayoshih
”原発アウトロー青春白書”の感想。著者である僕の心の中が可視化されたかのような・・。
有難うございます。



と、今日のこの記事のURLを貼っていらっしゃいました!!!


久田氏の他の著書を拝見して勝手にコワモテの方と想像しておりましたが、一読者の感想に注意を払い

お礼を仰るなんて。


久田氏がいかにこの本を通して彼らのような人たちの事を知らしめんとしているのか、その執念を

感じました。




b0228941_19461360.jpg

[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-02-22 19:46 | 読書
<< 女川災害FM存続の危機?! フランス大統領選挙 その1 >>