<< 雄勝の猫の旅 原発アウトロー青春白書 >>

女川災害FM存続の危機?!


 yahoo ニュースでこんな記事を見つけた。



 女川災害FMが存続の危機 



困る。


大変 困る



この女川災害FM ご存知ない方は・・・こちら ↓


女川災害FM




去年の4月と今年の1月にNHKのドキュメンタリーで取り上げられたので



それでご存知の方もいるかもしれません。



NHKドキュメント がんばっぺラジオ。


このラジオは女川でボランティア作業している時に随分聞きました~。



そしてスペインにいる時もサイマルラジオ

を通して聞くことができるので


時々聞いて楽しませてもらっています。




音楽のセレクトが 「演歌」「AKB」「ジャニーズ」「昭和」「アニソン」


などその時によって差が激しいのでその日の傾向についてボランティア仲間と盛り上がったり




お昼もおながわ☆なう






">”この人さ聞いでみっちゃ という女川の方達のインタビューや、



最近は


 ”町長さ聞いでみっちゃ という町長へのインタビュー。



を聞いて思わず笑わせられたり いや、意外な発見があったり。。




エンターテイメントの面だけでなく




なんといっても女川災害FMは 私が必要としている



情報量が格段に多い





つい数日前も町の一部地域に停電がありましたが、彼らからの情報でいち早く被害情報を


知ることができました。




地震や台風、そして浸水被害がある時にはこの災害FMが活躍します。



勿論、町のイベント情報や町からのお知らせなど等・・。



事業を再開した商店や事業主からのお知らせ・・・。



数え上げたらキリがない程の情報量なのです。




それ以外にも去年はさんま祭りからの中継や、町議会選挙の速報、当選議員のインタビュー


などもされており



私はこれぞ真の意味のジャーナリズムなのでは?と思っていました。





個人的な関わりとしては



去年12月、仮町舎で行われた新らしい女川町議会の一般質問。


聞きに来ていた町民は多くありませんでした。



それでも初日は大手、地方新聞の記者さんが数十分だけいて写真を撮って行きましたが



災害FMのスタッフの方はパソコンやらスマホやらを抱えて欠かさず聴講にいらっしゃって


いました。


(二日目には向こうも不思議な顔してこちらを見て挨拶してくれたっけ。。。)




そんな彼らの活動が存続の危機???  





しかも活動場所の問題とな・・。




申し訳ないが、彼らのスタジオの前を何度も通りかかったけど


それはそれは小さな仮設スタジオだった。



あそこで去年の暑い時も雨の時も地震の時も活動されていた。




申し訳ないが、確かに女川町は用地不足ではあるけれどもあの小さなスタジオを設置する



スペースすらない。



とは にわかには信じられない。。。。      




しかも彼らの活動費に関しては町から一切出されていない訳ですが



町民への益を考えたら、彼らに無償で土地を提供するべきだと思うのですが??

(注:現在の土地は町から無償で提供されています。)






土地の使用期限が迫っていますが、その前に納得のいく解決策が見つかる事を



心から 願っています。。 





蛇足ながら・・・





実は私はこの 女川災害FM 



に出演させてもらっています。024.gif




いつも ”この人さ聞いでみっちゃ。”を聞いて笑わせてもらったり感心させられたり


していたので、



ある日 ”今年の目標は災害FM出演なんです。” とスタッフの方に打ち明けると。。





  ”よっしゃっ!! 



と二つ返事で出演許可してくれたのです。 071.gif





なんて素敵なラジオ。。。




女川災害FM 一度 サイマルラジオ を通じて聞いてみませんか??




そして、災害FMラジオが存続となりますよう、



応援お願いいたします。。。。



b0228941_23185248.jpg



b0228941_23193610.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-02-27 23:19 | 東北復興へ向けて
<< 雄勝の猫の旅 原発アウトロー青春白書 >>