カテゴリ:映画( 1 )

映画 「Drive」




 一年ぶりに映画館で映画を見ました。




以前は最低でも一ヶ月に一度は夫婦で映画館に行っていたのですが




この一年、アンヘリートさんがとにかく忙しくて去年の3月以降は私の方が忙しく



それどころではなかった・・。




しかし去年は飛行機での移動が多かったので(汗)。




実は機内で随分映画を見たので、映画自体は結構見ていたのですが




やはり映画館で見る映画というのは違いますね。




それにしても平日の昼間、しかも大した話題作でもないというのもありますが



館内には10人くらいしか観客がいませんでしたww




いつも思うのですが、マドリードの映画館で映画を見る観客のプロファイルというのは非常に



限られています。 



要は50代以降で、服装や髪型も驚く程似通った人達。




スペインの経済状況を考えると若者に映画館で映画を見るような経済的余裕も



気持ち的な余裕もないのかも知れないなぁ。。




まあアンヘリートさんは




”酒飲んでフィエスタで騒ぐ余裕はあるんでしょ?映画文化が根付いて無いってだけでは?”





と冷たいご意見なのですが。。。











さて私がみた映画は




 「Drive」 という映画です。


日本ではまだ未公開で予定もまだ決まってない様なので日本語の予告編はありませんが、




こちらが予告編 








予告編だけ見ると、80年代のB級アクション映画風ですが



私の中では純愛映画です。 




物語は 2005年に出版されたJames Sallis の小説を元にしています。




ライアン・ゴスリング演じる映画のスタントマンが恋に落ちた母子を守る為に運転手として



犯罪に手を染めるというストーリーなのですが





正直、ストーリー自体は ”しょうもないな~。。”という感じです。







でもこの映画のみどころはなんと言っても




今ハリウッドの若手俳優ナンバーワン(と勝手に思っている)の




ライアン・ゴスリング




あの、いかにも頼りなさそーな母性本能くすぐる容姿の彼が



マッチョな服装に身を包み冷酷に見えて実は心優しいヒーローを演じる053.gif





前作の「ブルーバレンタイン」

で演じたダメ夫もよかったけど、今回のヒーロもなかなか 053.gif




ブルーバレンタイン










ライアン・ゴスリングに萌えたい人にはお薦めだけど(細身のジーンズ姿が049.gifだよ)




そうでなかったら




?????





一応去年のカンヌ映画祭で監督賞らしいけど。。



それにしても映画全体に漂う 80年代臭は何なんだろう?





のっけから


kavinsky の Night call が流れる。








そして最後は



college の A Real hero










このユーロエレクトロな感じは非常に80年・・




と思っていたが、




Kavinsky もcollege も70年代後半生まれのフランスのミュージシャンだった。


80年代を意識した現代のエレクトロミュージックなんだ。


(それにしてもフランスの音楽ラジオでやたらとかかるなこのグループ・・・流行っているのか?)







この映画は80年代カルチャーへのオマージュ、そういう事なんだろう。




80年代好きにもお薦めな映画です。
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-01-10 20:28 | 映画