<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トゥールーズ連続射殺事件


 フランス中を震撼させた 

Toulouse Montauban の連続射殺事件

から一週間以上経ち、


事件の詳細はこちら トゥールズ連続射殺事件



異常に過熱した報道も一段落して、事件に関する落ち着いた意見も出てきたのと



自分の中でも考える事がちょっとまとまってきたのでこの事件に関して書きたいと思います。





私がちょっと驚いたのは私の周りのフランス人がおしなべて


”(犯人の)モハメド・メラーは銃殺されて当然。”

とか


”生きて逮捕されなくて良かった。”


というような事を口にした事だ。




今回の銃撃事件の被害者のうち3人がまだ幼い子供で、その手口が


幼い子供の髪をひっぱり自分の方に引き寄せてから頭に銃口を向けて撃つという


その残忍さゆえだと思うのだだけれども、


得てしてモハメド・メラーが殺された事に肯定的な意見ばかりを聞いた。





またフランスの刑法では犯人の年齢(24歳)で7人の人間を殺傷しても最大でも


懲役は30年で、現在のシステムからいえば20年から25年後には刑務所を出る事に


なる。というのは多くの人が知っていることなので



それ故に生きて逮捕されても遺族が浮かばれない。



というようなそんな背景から その場で射殺された事を肯定する意見が多いのかもしれない。






それでも私はやっぱり後味の悪さを感じる。



24歳の若者が罪のない子供や無抵抗の人を殺傷して、そして自分自身も特殊部隊に



包囲された挙句に文字どおりに”蜂の巣”状態で殺されるなんて、
(モハメド・メラーの死体の上半身には20箇所もの銃痕があったらしい)




やはり悲劇というか、あまりに悲惨な出来事だと思う。





フランスの社会の事を知っている人なら



このモハメド・メラーのような男の子のバックグランドが容易に想像がつくと思う。





アフリカ大陸からの移民の2世、もしくは3世で、



学業をちゃんと終えていなくて、軽犯罪の前科があり、定職にもついていない



フランスでシテと呼ばれる 低所得者向けの高層アパートで生まれ育った若者。






非常に分かりやすいプロフィールだ。




3月30日付けの ”Le monde"の 討論のページに面白い記事が載っていた。



Dounia Bouzarという依存症専門の心理学者の意見だ。





 モハメド・メラーを取り巻く背景は”イスラム原理主義”に傾倒する若者に特徴的な背景、全てを揃えている。

父親不在の家庭で育ち、将来への目的もなく、文化的継承を受けておらず、家庭には
宗教的下地はむしろ皆無で、フランス社会との接点も少ない。


大抵の場合彼らの母親は”うちの息子は何も変わった所なんてないのに・・”といい、
彼らの息子がイスラム原理主義グループのメンバーだった事も知らず、それを知ったところで
”どうやって息子を全うな道に連れ戻すのかも全くわからない”と言う。


イスラム原理主義に傾く若者は主に精神的に脆弱な若者を狙って洗脳を施そうとするイスラム
原理主義の説教師達の犠牲者であると言える。
 





というと、まるでモハメド・メラーの責任を否定するかのようだけれども



やはりこの事件の背景にはフランスの移民同化政策と教育システムの失敗が関係していると思う。






現在のフランスの教育システムではモハメド・メラーのような人間は完全に居場所を失い


そして、そして唯一彼らがより所として感じられる場所が”イスラム原理主義”だったんだと

そういう事だと思う。





情報によれば、モハメド・メラーがイスラム原理主義傾き始めたのは刑務所に服役していた時


らしい。



どうやら刑務所で説教者に会い ”洗脳 ”されたらしい。




情報によるとこの10年間(9・11以降という事になる)、フランスの警察は



かなりの人数の ”イスラム教急進派”もしくは”ジハディスト”と呼ばれる人達を



逮捕、服役させており、






皮肉な事に彼らにとっては刑務所の中が前に述べたような典型的な若者との出会いの場であり、




そしてもってこいの ”洗脳”の場であるらしいのだ。






そして父親を知らず、学校からも落ちこぼれ”道徳”や ”宗教的生活” という物を


知らない若者達にとっては 初めて確固とした価値を教えてくれる人に出会う場所となる。






この心理学者は警告をならす





 ”イスラム教徒” と全ての信者を同一化する傾向をただちにやめるべき。
その種の同一化は結局のところイスラム原理主義者派が行う ”俺ら”と”奴ら”
という単純な差別と結局のところ同じ態度だし、個人という存在を徹底的に否定する事にな
る。




そして



若者に未来と希望を示せるようになる事、共和国としての価値を全てのフランスの子供が
共有出来る事こそが今必要。




と説く。





共和国 ”Republique ”としての価値。  




何かが起こると、フランス人が立ち戻ろうとするのはいつもこの価値だと思う。



何度でも立ち返るべき価値は ”共和国 ”としての価値。




残念ながら現在のフランス共和国は、多くのシテで暮らす若者に何の未来も希望も示させない

でいる。 その問題を解決しない限り、第二・第三のモハメッド・メラーが出てくると思う。




今日もフランスのいくつかの都市で、急進派イスラム教徒やテロを企む容疑のあるイスラム原理主義者が17人逮捕されたんだとか。



これでまた刑務所の中がさぞやにぎやかになるだろう。。。

いい加減、解決策はそこではないと気づけばよいのに。






大統領選挙まで30日をきるタイミングでのこの事件、



被害者には申し訳ないようだけど、結局どの候補者が特をしたのか???


という事に注目がいく。





フランスの守護者としてのアピールに執心したことで現大統領のサルコジに有利に働く


という見方もあるけれども




結局は私は極右政党FNの マリーン・ルペンに最も有利に働いたのではないかと危惧する。


第一回目の投票までついに30日を切りました。。




b0228941_7303419.jpg


パリCDG空港内に設置されたメディテーションエリア。


理屈上は全ての宗教実践者に開かれているけれども、利用者の多くはイスラム教徒だと思う。


金曜日の夜などは次から次へと、旅行客が入っていく。


それでもそこは教会でもなくモスクでももなく祈りのスペースとして全ての信心を持つ人に


開かれているこういう場を公共の場で持っているフランスのその共和国の精神に私は

ひそかに期待しています。



フランス共和国の精神、それは



自由・平等・博愛



平等なんて言葉が空しい社会と異分子に博愛になれない人々と誰かの自由を奪う若者。



こんなままではいかんんだろう、と今回の悲しい事件は示唆しているように思える。
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-03-31 07:34 | 時事

女川復幸祭・遊びに来てください




  事後報告で申し訳ないのですが・・





先週の日曜日、 3月18日に




女川復幸祭が開催されました。



復幸祭HP(詳しくはこちらを・・)




この復幸祭は、女川町が震災後初めて町外の人向けに行う観光イベントでした。




無料のシャトルバスを用意したり無料の焼きサンマの配布があったりと



今まで支援をして頂く一方だった女川町民が逆に町外から訪れてくれる人に



楽しんでもらい、そしてあわよくば町の事を知ってもらい町の物産も知ってもらう。という



そんな目的のイベントでした。



お陰様で一万人を越す来場者を記録し、


大成功と言える形で終了しまして


主催した女川町商工会の方も大変満足されていました。



そして何よりも震災から一年と一週間経って、



自分達で復興していくぞ!!という新たな気持ちになれたのではないかと思っています。




実は私は残念ながら仕事の都合で日本にはいたのですが


祭りへの参加はできず・・無念007.gif




ですが、あちこちから情報は入ってきておりまして。。。



この日に行われたイベントのプログラムがなんか・・ちょっと笑えるんですけど。



演歌歌手の 山口ひろみ歌のショー。というのは女川らしくて良いと思うし。、



ご老人達さぞかし楽しめた事と思いますが・・・




鉄オタアイドル 木村裕子さん



鉄オタトークショー





あかつくんのショー。




あ、あかつくんの すもササイズ知らない方は
これ見て下さい。






もう~、大好きになってしまいました。



あかつくん(郡山出身だそうな・・ますます親しみ053.gif





北海道テレビの 「水曜どうでしょう」のディレクターの方による


トークショーと歌。



残念ながら大泉洋は登場せずでしたが・・・。



このお二人のディレクターの方の女川町との距離の取り方は非常に気持ちの良いものを感じました



オフィシャルブログの日記、良かったら読んで見て下さい。


水曜どうでしょう





そして勿論ご当地ヒーロー



リアスの戦士イーガーショー


と盛りだくさん。




なんか、主催者側の趣味が反映されているな~。。。ハハ。(好きだけど)





ちなみに現在はまだ女川駅までは運行されていない石巻線。





キハ40系という田舎臭ムンムンな一両(もしくは二両)編成の電車で運行されていて



あ、前回の記事でお墓まで投げ出されていたあの車両ですけど。。



その石巻線の終点。



そこから先にはもう鉄道はない。海におちるばかり。という終点の駅だったので



鉄オタさん達にはひそかに人気だったんですよ~。





この日は記念切手も販売されていました。(欲しかった。。)





鉄オタさん達が盛り上がり、あかつくんに大笑いし、「水どう」の人達と歌う。




女川の人も他所から来た人達も一緒に笑う。




これが大事なのではないかと思うのです。





正直、震災一周年前の ”被災地からの映像”とにかく悲しみにくれる人達の映像を垂れ流し、



あわよくば都合よく編集した美談を流して、その後のフォローは無し。



というような番組の嵐に辟易していました。




確かに町は未だに廃墟のようだし、悲しみにくれる気持ちもあるけれども





それと同時に一年経って





”前に進むぞ”という気持ちもあるし、人間って悲しい時でもくだらない事に



笑ったり、楽しんだりできる。 




今回女川・雄勝・南三陸を周ってそういう力強さを感じました。





決して泣いてばかりいる可哀想な”被災者”という訳ではないのです。








悲しんでいる人を救いたい!!!とか肩に力を要れず、




”どれ、ちょっと行ってどうなったか見てみるか、ついでに美味しい物でも・・”



くらいのノリで来てくれた方が今の状況にしっくり来る気がします。



そして私が嬉しかったのは




焼きサンマの無料配布




これはかつての女川のイベントを思い出されて嬉しいなぁ。



かつてはイベントといえばサンマの無料配布やら銀サケの荒汁の試食やら何かと気前の良いのが



女川のイベントの特徴でした。




震災以降 全国の方から炊き出しやら支援物資やら貰いっぱなしで・・・



ありがたい反面。 やはり物を貰うという行為は”非常時”である事の証明。




いつかはこちらからお返ししたいと、感謝の気持ちと悔しい気持ちが入り混じった感情、



女川の若者達は多かれ少なかれ感じていたと思います。









それが、この日はどうぞ召し上がって下さいと彼らが名産を振舞う。


嬉しいじゃないですか






これは個人的な意見ですが、気の毒な人達というカテゴリーに当てはめて腫れ物に触るように接した



り、物をやみくもにあげたりするフェーズはもはや過ぎたのではないかと思っています。




というかじょじょにそういったフェーズを抜け出すようにしていかないといけないと思います。




支援する方もされる方も。




これからはむしろもっと違った支援や関わり方を考えるフェーズにあるのでは?と



一年と一週間後に行われた祭りの成功を見て強く感じました。



そうそう、この日に会場のお手伝いに来てくださった



神奈川のボランティアの方々。(こちらを読んでみてください)


かなボラお知らせ



主催者からの大量の差し入れに驚き、海のみえる大浴場を堪能し、



帰りは”まりんぱる”でお買い物。



ボランティアといえども女川滞在を満喫しています。



こういうスタンス、良いと思います。







そして、祭りの成功の為に裏方として支えてくれた神奈川ボランティアの方達に心から感謝。





そうそう、女川に何度も支援に来ている東京在住の女性と女川の人達と




ある日数少ない女川の夜営業のお店でお酒を飲みましたが




彼女は”石巻・女川に来るのが楽しくてしょうがなーい。”と言い




どんどん人間関係を広げて、そして再開していくお店で三陸グルメを堪能して帰っていきます。




今回のお祭りでもメロンパンを売っていました049.gif(そう無料では配りません。)



眉間に皺を寄せて”支援とは・・”とごちゃごちゃいうよりも来るのが楽しいとか




女川(や石巻や南三陸を・・)が好きだ!と思ってくれるくらいの



関係がこれからは必要なのでは?と思っています。










そうそう今はこんな地図も作られているんですよ。



b0228941_1451985.jpg




女川を訪れてくれた方に既に再開されているお店や食堂の紹介をしています。



今はまだ紹介されているお店は少ないですが、これからどんどんこの地図に加えられていく



お店が増えるはずです。



ま、この提示版の横は



b0228941_1521631.jpg





なんだかこんなガラーンとした風景と海が広がるばかりですが



それでも元は町の中心部だった所にこの案内図を貼ったやる気が頼もしいと思います。





そうそう、目下の問題は宿泊施設が少ないという事なのですが


これもおいおい復興していく予定であります。



次の女川町の祭りは五月の予定です058.gif


b0228941_1573969.jpg

万石浦湾の養殖もどんどんはじまっていますよ。
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-03-22 02:12 | 東北復興へ向けて

春彼岸 あっちとこっち繋がっているんだな~




 寒さ・暑さも彼岸まで。と言いますが



雪が多かった今年。春彼岸が来ます。



去年の今頃は彼岸どころの話しでもなかったのですが、今年は少し早いと思いつつ



私がいる間にと、ぐずぐず天気が続く日の合間、晴れの午前中に




母とお墓の掃除にやって来ました。







全く唐突なのですが、小さい頃 ”お墓で転ぶとお墓から帰れなくなる”と



大人から言われていた為子供の頃お墓では足元に全意識を集中させていたのですが



これってどこでも言われている事なのでしょうか???





それともあの頃足元の悪いお墓が多かったので、周りの大人が落ち着きの無い子供を走らせない


為に考え出した”大人の知恵”なのでしょうか??





三つ子の魂百まで。で、私は今でもお墓に行くと転ばないように細心の注意を払います。








ここは母方のお墓なのですが、ここのお墓は女川の駅から近くてそして大きく広がった湾岸部とは


反対に奥に進むにつれて細くなる地形の為に波の威力が強かったのか被害も大きかった場所なので



去年の五月頃までは流された電車がみごとに突っ込んでいた墓所でして・・




b0228941_022151.jpg



b0228941_054672.jpg





去年のお盆に来たときはみるも無残になぎ倒されたお墓や



地震のせいで不規則な方向に倒れているお墓が多かったのですが


一周忌の前にとお墓の修理をされた方が多かったのか、かなりの数のお墓が元通りに立てなおされて


いました。




ちなみに倒れたお墓を立て直すのってあれ、大掛かりな機材を使わないと無理ですね。



力自慢の力士4人集まったところでお墓をうまく立てのすのは力意外の技術が必要になるんです。




今回そんな事を学びました。





墓所近くに車を止めてから



お墓の周りを掃くための”ほうき”を忘れた事に気づき



その迂闊さを後悔しながら坂を昇って母方の墓所にたどり着くと



自分の所の墓所の近くにある母の親しい友人の墓所用にと、杉の木にくくり付けられた


ほうきを発見。




”ちょうど良い。Mちゃんちのほうきを借りよう!”と言い



母の友人が眠るお墓に


”ほうき貸して下さい”と断りつつ 手を合わせる。



母はついでに



”なんで津波で死んだりしたの。いなくなってしまってつまらないよ”というような事も呟く。





きっとお墓の水は出ないだろうと踏んで容器に水をいれてうんしょ、うんしょと運んで来たのに




実は墓所のお水が出る事に驚きつつ、




それではとお墓の掃除、草むしりを始める。






お墓の掃除は楽しい。というと不謹慎に聞こえるかもしれないけど



お墓の草をぶちぶちむしっていると



会った事もない祖母や祖父や叔父やその他の自分の先祖と今ある自分の存在は



確実に繋がっているんだと感じる事ができる。





草の間に縮こまっている小さいデンデンムシを発見したりするとますます身体的な感覚として



あっちとこっちで繋がっているんだと感じる。





亡くなった人との繋がりを身体的な感覚で感じるって機会はそう多くない。





ついでに偶然に借りた亡くなった方がくくり付けたであろう箒でもって杉の葉っぱを



掃いている時もその繋がりを感じる。






津波の直後に父の従兄弟や母の弟がいの一番に気にしたのも”先祖のお墓”の事。



三陸のこの辺りはなんというかそういうのをすごく気にする傾向にあるんです。



これは海というままならない物を相手にしてるが故に ”あっち”への感覚が都会暮らしの



人よりもどうしても身近だからなのですかね・・・。





高台の墓所からは私の大好きな風景が見える。




緑に輝く女川湾。


b0228941_0381069.jpg




b0228941_039344.jpg






それにしても建物の解体は容赦なく進むね・・・





b0228941_0413128.jpg






しょうがない。




感傷に浸っている場合ではない。



一歩ずつ 確実に、だ。
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-03-18 00:42 | 東北復興へ向けて

ちょっとずつ




  前回のブログ記事のコメントのお返事もしていないのに大変恐縮ですが次の記事を・・・





失礼ながらお返事は後日ゆっくりとさせて頂きます040.gif





今週の頭から女川に帰ってきているのですが





なんだ、かんだとこちらにいると忙しくて。。。。






一日があっという間に過ぎてゆくんです。





仮設住宅に畳が入るという事で置いてあるものを撤去、そのついでに大掃除をしたり




昨日は、かねてから噂を聞いて行きたかった



石巻、渡波の牡蠣小屋にも行ってきました。


かき小屋渡波


b0228941_21482911.jpg





しかし実は、美味しそうな新鮮な牡蠣を前に入店は断念・・・



何故なら・・・




牡蠣小屋に行く前に



b0228941_21555675.jpg





こんな大盛り ”かき天丼”を完食した後で、さすがの私も何も食べられない状態でした。。。



そうそうこの”かき天丼”を食べたお店でも、知り合いに出くわして



立ち話しに興じたり、そうこうしてるうちに地震が来たりと・・・・



なんだか女川にいるとやたらと忙しいんです。(・・・と言い訳)








もうすぐあれから一年。



あれこれとやはり考えてしまうのですが・・・



b0228941_2215167.jpg



b0228941_224115.jpg

 東松島市の野蒜海岸







故郷の海を見るとやっぱり安心しますね~。





波の音を聞いて海の匂いを嗅ぐとやっぱり思う。




 自分は海が好きなんだな~。    





故郷の 海と山と自然が好きなんだな~。





という事。





あー、あれから一年か~。
 

[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-03-09 22:10 | 東北復興へ向けて

雄勝の猫の旅

雄勝に思う



ブログ友達でもあり尊敬する友人でもあるローマ在住の junkoさんが


女川に来たときに近くの石巻市雄勝町を訪れた時のことをブログにしていらしゃる。



雄勝に思う



junkoさんのブログ


現在の雄勝町の様子に関してはjunko さんのブログをご覧になってほしい。





私はかれこれ3、4年前の秋のとても天気の良い日に旦那と二人で雄勝町で


とても心地よい一日を過ごした事がある。



母に ”雄勝町に美味しいと評判のお蕎麦屋がある” と聞いて


そのお蕎麦屋目当てに、  乗客が殆どいないローカルバスに揺られて


雄勝町に行った日の写真をアップしたい。





そう、雄勝町なんて震災前はあまり知られていなかった場所で震災の後は


その被害の大きさや建物の上にバスが乗っている映像ばかりが印象に残るけど



かつての雄勝町のあののんびりした秋の日の浜の町が、


やっぱり私にとっては雄勝町なんだ。。。。


それを知ってほしいと言う意味を込めてかつての美しい雄勝町の写真をアップします。






雄勝町というのは旧町名で今は石巻市の一部となっていますが、


古くから硯が有名で、

雄勝硯といえば、ちょっとした物なのです。



当然雄勝硯館のような物もあり、そちらも尋ねたのですが・・・・



写真を撮るのを失念していました。




まずは高い所から景色を見ようと小さな神社へと昇ってみる。




b0228941_15102656.jpg


b0228941_15391353.jpg




海岸沿いを歩いて見る。

b0228941_15301867.jpg



雄勝という町は湾に沿ってほそーく居住地が存在している。


b0228941_221086.jpg




b0228941_222414.jpg



さっぱ船と呼ばれる漁師さんが使う小型の船が何艘も。



実を言えば浜の子供は中学や高校くらいからこのさっぱ船をなんとなーく操縦できたりすることも


珍しくない。。。。 ま、大きな声では言えないけが・・




b0228941_2245029.jpg



立派なお寺も。


ここで太陽の下で日光浴をしている蛇を見つけて、うちの旦那は非常に驚いていた。



女川ではサルの軍団に遭遇しているし、非常にワイルドな場所だ。。。。と感心していたっけ。。




そうそうお目当てのお蕎麦屋さんは・・




b0228941_1042392.jpg





こんな素敵なテラスがあって



手打ちの美味しいお蕎麦をゆっくりと楽しめて・・・



とって雰囲気の良いお蕎麦屋さんでした。



b0228941_107894.jpg





お店の下にある花梨の木。



ちょうど花梨の実がなり始めた頃で、お蕎麦屋のご主人がわざわざ実を取ってきてくれて




”花梨酒にしてもよいし、車に置いておくと消臭効果もありますよ。”



と大きな実を二つくれた。






本当に、この辺りはあっちこっちで色んな物をくれる




そして、勿論 遠慮なく 頂く。






感謝・感謝



b0228941_1014119.jpg





天気の良い秋の午後。




バスの時間まで住宅街をウロウロしていると・・・




b0228941_1015329.jpg





この子に遭遇。




いい面構えの子。




近くの家からこの子の名前を呼ぶ女性の声が聞こえるけど



この子は全く無視して・・・・



b0228941_10172767.jpg







わ・・・・わかったよ~




とこの子のテリトリーからは撤退。




b0228941_10195788.jpg





海水と交わる小さな川べりに座ってしばし日向ぼっこ・・



b0228941_10211737.jpg





こんな小さな町にもこんな立派な乳がんの検査ができるバスがあるのか!と



旦那が非常に感心していたっけ。




b0228941_10232737.jpg





そう。



確かにあそこにはそれぞれの穏やかな生活があった。






あれがずーっと続くと誰もが信じていたのに。






帰りのバスの運転手さんは



行きの運転手さんと一緒だった!!!




そしてまたもや乗客は私達だけ。







くねくね道を通って山を越えて女川への帰路についた楽しい一日だった 。






女川のあの町の風景と同じく雄勝のあの町の風景も




もう無くなってしまったんだなあ。。。



信じがたい。




女川町も人口流出は激しいけれども新しい町を復活させようと、小さい町だけにまとまれる部分もある。




雄勝町は仮設住宅の戸数も圧倒的に少なく人口流出が激しく



町の存続を真剣に危ぶんでいる人もいる。







それでも雄勝の漁業を復活させようとこんな活動されている方もいます。



その名も



オーガッツ





オーガッツのメンバーの男らしい写真がまぶしすぎますが・・・





”そだての住人”というシステムもあります。




お客様でもなく、支援者でもなく



”住人”という表現が良いと思う。



あんな穏やかな町の住人に、ちょっとした縁でなれたらそれも素敵だと思う。





一度こちらのサイト見てみて下さい!!
[PR]
by melodynelson-2812 | 2012-03-07 10:40 |